おすすめの京都の正社員の職種を解説

雇用形態には正社員や派遣社員、パートにアルバイトなどさまざまありますが、正社員はいわゆる正規雇用と呼ばれ、派遣社員やパートタイム、アルバイトは非正規雇用と呼ばれています。働き方は、個人個人のライフスタイルに合わせて自由に選択することができ、働き方改革が進められている近頃は、有給休暇や育児休暇が取りやすくなったり、正社員でも短時間勤務制度を導入したりと大手企業を中心に、より一人ひとりのライフスタイルに合う働き方ができるようになってきました。しかし、正社員でも派遣社員でも、パートやアルバイトでもどの働き方にもメリット・デメリットがあり、収入が安定しているというイメージが強い正社員にもデメリットとなる部分はあるため、京都で正社員として働きたいと思っている人も、仕事を探す際にはまず正社員のメリットやデメリットを知っておくことが大切です。

正社員として働くメリットやデメリット

京都で正社員として働くためには、正社員として働く際のメリットやデメリットを知っておくのも大事です。例えば、雇用期間が安定しているという点は正社員として働く上で最大のメリットといえ、パートやアルバイトと比べて収入面も安定しているというメリットもあります。また、正社員の場合雇用保険もあるため、非正規雇用のように国民年金や国民健康保健を全額負担する必要ないほか、正社員として働くとボーナスが出るなどさまざまなメリットがあり、転職をする際にも有利な正社員ですが、正社員になると派遣社員やパート、アルバイトといった非正規雇用よりも責任が重く、会社によっては異動や転勤がある場合もあります。また、何より新卒でも正社員として採用されるのが難しいといわれる近年は、正社員として就職すること自体とても大変になってきているので、正社員として働くためには、デメリットな点も納得した上で就職活動を行うことが必要といえます。

京都で正社員を目指すなら観光業や飲食業がおすすめ!

日本を代表する観光地・京都は、古き良き日本の伝統を感じることができ、近年外国人にも人気で、毎年海外からも多くの観光客が訪れる人気観光スポットとなっています。そんな京都では、観光業や飲食業を中心に正社員を募集しているところも多く、京都で正社員として働きたいと思っている人は、観光業や飲食業の正社員もおすすめです。最近は、アメリカや中国、韓国など海外からも多くの観光客が訪れていることから、英語や中国語、韓国語が堪能な方の採用も積極的に行っている観光業や飲食業も多く、コミュニケーションスキルや接客サービスの向上などスキルアップにも最適な観光業や飲食業は、人が好き、人を喜ばせるのが好きという方には特におすすめの職種となっており、清水寺や平安神宮など観光名所も多い京都は、観光名所を案内するガイドの需要も近年高まっているので、日本の歴史や京都が好きな方、詳しい方にも観光業はおすすめです。